シェアカリスタッフが
1件1件ルームシェアで入居する許可を取って掲載しています。

「都心の良いエリアで、広くて綺麗な物件に、安く安心して住みたい!」
知人とシェアして借りるルームシェアという賃貸の借り方は、そんな理想を叶える暮らし方として、都心で働く若者を中心に近年注目されてきています。

ルームシェアをして借りたい!という需要はあるけれど、実際は物件の貸し手である大家さんや管理会社さんに黙って勝手に複数人で住んでいるケースも多くありません。
大家さんに黙って複数人で勝手に借りてルームシェアを始めた場合、発覚した際に強制退去をさせられたり違約金を取られたりするリスクがあります。

私たちシェアカリは、ルームシェアをしたいすべての方が安心してルームシェアを初められるように、掲載物件全て大家さんの許可をとって掲載しています。一人暮らしよりも、広くてきれいな物件に安く住めるルームシェアという暮らし方は、これからさらに多くの方に支持されていくでしょう。

日本初、ルームシェアの許可が取れた物件に特化した賃貸ポータルサイト「シェアカリ」で、
お部屋探し始めてみませんか?

人気のキーワードから

素敵なルームシェア物件を見つけてみよう

新しい暮らし方

シェア生活のコラム、まとめてみました。

よくある質問

  • Q1. どんな間取りが適しているかわからない・・
  • A1. 快適なルームシェア生活を送る為には、適切な間取りの物件を選ぶ事が大切。プライベート空間をどの程度担保した上で共同生活を送りたいのか、その範囲は人によって様々です。事前にルームメイトと、どこまでプライベートを重視したシェア生活を送りたいのか、認識のすり合わせを行いましょう。

    続きを読む>>

  • Q2. ルームシェアの賃貸契約ってどうなるの?
  • A2. 複数人でお部屋を共同で借りるルームシェアの場合、誰の名義で契約書を結べば良いのか悩みますよね。ルームシェアの場合、①ルームメイト内で代表者を決めて、代表者1人が賃貸借契約を結ぶ方法 ②ルームメイト全員が契約者となり、連名契約を結ぶ方法の2通りのやり方があります。

    続きを読む>>

  • Q3. ルームシェアを途中で解消する場合、注意するべきポイントは?
  • A3. ルームシェアのトラブルに一番発展しやすいタイミングが、ルームシェアの解消時です。あくまで賃貸なので、永遠に共同生活が続くわけではありません。また、当初は2年の契約を想定していたとしても、時間が経つにつれ状況が代わり、途中で解消の必要性が迫られるケースも少なくありません。こんなはずじゃなかったのに!とならない為に、ルームシェアを始める前に、解消時のルールをお互いで話し合っておくことをおすすめします。

    続きを読む>>

  • Q4. 住民票の登録はできるの?世帯主は誰になる?
  • A4. 1つの住居に家族以外の赤の他人と住むルームシェアの場合、住民票の登録、世帯主の表記はどのようになるのでしょうか。実は、同じ住所(住居)に複数の住民票が登録できないというルールは存在しません。その為、入居者の各々が入居している物件で住民票を登録することが可能です。では、世帯主の表記はどうすれば良いのでしょうか?

    続きを読む>>

  • Q5. 月々の水道光熱費や生活費仲良くシェアする方法は?
  • A5. 物件によっては、一人暮らしよりも安い賃料で、広いお部屋に住むことができるルームシェア。近年賢い暮らし方として都市部に住む若者の間で浸透してきています。そんなルームシェアですが、実際は賃料を抑える事が出来るだけでなく、水道光熱費や、調味料等の食費、家具家電購入費等、暮らしを行う上でかかるコストのほとんどをシェアすることも可能です。では、どの様に月々の支出を管理すれば、平等に生活コストをシェアすることができるのでしょうか。

    続きを読む>>

    その他の質問を全てみる>>

#シェアカリライフ

みんなのルームシェア生活を覗いてみよう!

  • THE
  •   201912
  •   201912