二人入居可なのにルームシェアは不可となる理由

ルームシェアとは?

ライフスタイルや価値観のあう友人や他人と一緒にひとつの物件(お部屋)を借りて暮らしを共にすることを「ルームシェア」と言います。

通常2DKや3DKの物件などの物件を借りて個室でプライベートスペースを確保しつつ、リビング、キッチン、お風呂、トイレなどを共用で利用することが好まれますが、極限まで節約したいからという理由で、ワンルームでルームシェアを行う人も存在します。

個室が入居人数に合わせて用意されているシェアハウスは、事業者がシェアハウス物件としてつくっている場合が多く、展開エリアや間取りが限定されています。一般に、賃貸物件をシェアして借りるルームシェアは、ルームメイト同士がシェアする人数屋目的によって、借りるお部屋の広さも種類も幅広く異なる点が特徴であり、あらゆる人に当てはまる新しい暮らし方として注目されている理由の一つです。

物件探しがとても大変

ルームメイトは決っているのに、ルームシェアとして賃貸物件に入居申し込みをしようとすると、大家さんや管理会社さんからNGと言われてしまう・・・。

実際に物件探しを始めると、多くの人がこのような問題に直面します。夫婦や結婚を前提としているカップル以外の、赤の他人、友人同士のルームシェアは理解を示してくれる大家さんが少なく、せっかく気になる物件を見つけたとしても入居を拒否されるケースが多いのです。

ポータルサイトの落とし穴

最近ではポータルサイトなどのインターネットから物件探しを行う人が多いと思いますが、その際、入居条件項目にルームシェア可、二人入居可、という検索フィルターを目にすることも多くなりましたよね。

ルームシェア可と二人入居可の違い

明確な定義があるわけではないのですが、例えば二人入居可だけどルームシェア不可、となっている場合、夫婦や結婚を前提としたカップルの同居までを許可範囲としている場合が多く、友人同士や兄弟、赤の他人同士の同居は許可範囲外とされています。一方ルームシェア可となっている物件は、友人同士や兄弟、赤の他人同士の組み合わせの同居を想定している為、二人入居可よりも幅広い許可範囲となります。

無許可でも成約したい不動産屋のリアル

「ルームシェア可」と表示されている物件に問い合わせをすれば、必ずルームシェアを始める事ができるかと言うと、そうではありません。

一般的にルームシェア可の物件は、友人や兄弟、赤の他人同士の組み合わせの同居を許可している物件を指しますが、そのような物件だとしても、友人や兄弟、赤の他人同士の同居の組み合わせ次第では不可とする大家さんも多数存在するのです。

不動産仲介屋さんの中には、そのような背景を知って、あえて一人暮らしとして賃貸を借りる事を推奨する人もいます。大家さんにルームシェアということを黙って一人暮らしとして賃貸契約を結び、同居人とルームシェアを開始させるのです。

途中退去のリスクも

現状ルームシェアの許可を取るためには、大家さんへの交渉や管理会社への提出書類の準備など、通常賃貸に比べて入居の許可を得るためにやらなければならないことが沢山あります。

その為、煩わしさと成約時の売り上げの欲しさから、無許可でルームシェアを押し通すことをすすめる不動産仲介屋さんに出会うかもしれません。その際は、できるだけ断るようにし、許可が取れる物件を探してもらう交渉してもらうように促すことをおすすめします。

無断でルームシェアで住んでいる事が大家さんにバレてしまった場合、退去させられるリスクを伴うからです。また、場合によっては損害賠償を請求される可能性もあります。

「シェアカリ」プランナーへ相談してみよう!

複数人で賃貸物件を借りる場合は、「性別/入居人数/年齢」などの条件の組み合わせにより、物件オーナーから入居承諾ハードルが変わります。一人暮らしのお部屋探しと違い、空室確認に加えて複数人で賃貸物件を借りる許可を取る必要があります。誰とどのような目的で、どういう条件のお部屋で生活を始めたいのか、プランナーに相談して頂くと、手動で丁寧にヒアリングを重ねた上で、最適なお部屋をご提案させて頂きます😊